凸凹のない美しい肌を実現|アンチエイジングに欠かせない治療|ヒアルロン酸注入でたるみ改善
ウーマン

アンチエイジングに欠かせない治療|ヒアルロン酸注入でたるみ改善

凸凹のない美しい肌を実現

レディ

皮膚の奥まで届かせる

青春のシンボルと言いますが、治った後まで顔に残るにきび跡は、コンプレックスの種です。特に、凸凹とクレーター状に残った跡は、セルフケアでは中々消すことはできません。こんな時に頼りになるのが、レーザー治療です。クレーター状になってしまったにきび跡は、皮膚の奥まで損傷が残ってしまった状態です。ですから、皮膚の深部に届いて働きかけるレーザーが、最も効果的な治療方法と言えます。にきび跡に照射されたレーザーは、皮膚に適切なダメージを与えることで、皮膚の組織再生を促進します。それで、凸凹と残ったにきび跡も、深部から新しい組織が再生されて、確実に改善して行くのです。レーザーは施術を受ける方の負担を最小限にとどめながら、確実に効果を出してくれる、嬉しい施術です。あなたの皮膚を蘇らせてくれる、それがレーザー治療なのです。

ダウンタイムを考えよう

にきび跡の治療に威力を発揮してくれるレーザー治療ですが、一時的にしろ肌にダメージを与えるため、ダウンタイムが必要です。治療を受ける時には、ダウンタイムを考慮しましょう。レーザーの種類によっても多少異なってきますが、レーザーにはダウンタイムがつきものです。皮膚が赤くなったり、かさぶたができたりしますので、その時間を計算に入れて、治療計画を立てましょう。かさぶたなどは決して無理にとったりしないでください。また、レーザー治療後の肌は、敏感になっています。保湿ケアをしっかりと行い、日焼けなどは絶対にしないようにしましょう。治療を成功させるためにも、術後のケアが大切です。心にも暗い影を落とすにきび跡、1日も早くさよならしたいものです。適切なレーザー治療で、美しい肌を取り戻しましょう。